妻がつわりの時期に、夫側からみてきついと感じたこと①byデコ




こんばんは!デコです。

妻がつわりの時期というのは、普段以上に夫側にも負荷がかかりますよね。

そこで、デコが体験した中で

意外ときついというか負荷がかかったものを書いていこうと思いました。

今回はその1回目となります。

ボコのつわりがきつくなってからというもの、真っ先に夫側にできた作業は家事です。

 掃除 

 洗濯

 料理

 買い物

 重いものの持ち運び

あたりですね。

ボコはパートタイマーなので、もともとある程度は家事を分担していたとはいえ

比重はボコのほうが大きかったわけですが、それが完全に逆転しました。

まぁ特に現時点では安定期に入っていないのもあって

基本的に無理を避けたほうがいい時期なので、それは仕方ありません。

特に、変に体に力を入れたり腰に負担がかかりやすいのはダメなので、掃除や物の持ち運びはほぼ僕が持っています。

また料理についても、食べ物のにおいをかいだだけで気持ち悪くなりますので

『作りたくない』を超えて『作れない』日が多いのも事実。

なのでこれも最近は受け持つことが多いです。

買い物については少し買って帰ってくる程度なら問題ないのですが

スーパーなどでたっぷり買うときなどは、荷物が重くなるため、同伴することが多くなりました。

洗濯に関しては、現状ボコがやってくれています。

洗濯機に入れて、回して干すまでですがやっぱり助かりますね。

ただ、干すのも結構体に負荷がかかる作業だと思うので、本来はもうちょっと夫が受け持ったほうがいいのかもしれません。

こう振り返ってみると、本当にやることが増えたなぁと思います。

場合によっては安定期に入るまでは夫がほぼ全部やる必要があるケースもでてくるかもですね。

ただ、ここまで読んでくれたあなたが夫側であれば

「肝に銘じておきましょう」

というくらいの話なのですが

もし妻側でしたら、この記事を

「この人は家事ほとんどやってくれてるんだよ!」

とドヤ顔で夫に見せるのは避けたほういいと思います。

普段から家事分担ができていたり、率先してやってくれていた夫ならまだしも

そうではない人の場合はかなりきついと思います。

ハッキリ言ってケンカの原因になるレベルです(笑)

とはいえ「遠慮しましょう」という話ではありません。

きついときはちゃんと協力してもらうべきだと思います。

ただ、一つ言えるのは、夫も妻のことをきちんと見ています。

 ・だるいので家事はできない、と言いながら趣味はできる

 ・寝ながらスマホばかりいじっている

 ・夫が家事をするのが『当たり前』になっている=感謝がない

夫や妻という関係は置いておいて、

あなたはこんな状態の人を助けたいと思えますか?

普段こう感じられてしまう行動について思い当たりがあれば

夫のことをグチるのは一旦やめて、自分の行動を見直すことが大切かなと思います。

そうじゃないと間違いなく夫婦関係は冷え切るのは間違いないです。

夫も人間です。

つわりのつらさというのは男には残念ながら理解しきれないもので

時には配慮が足りないことも言われてしまうかもしれません。

でも、あなたが頑張っている姿を見れば夫だって協力したいと思ってくれるはず。

だって夫は人間ですから!

頑張ってる人を助けたいと思うのもごくごく自然なことです。

ぜひお互い不貞腐れることなく

良きパートナーとして、つわりの時期を乗り越えていってくださいね。

僕もまだまだ進行中の身ですが、出来る限り頑張ろうと思います。

それでは今回はこのあたりで!

おやすみなさい。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする